インズウェブ自動車保険一括見積もり

対人賠償保険とは|無制限にしてください!

対人交通事故

対人賠償保険とは、簡単に言えば人を車で轢いて死傷させてしまった時に相手(被害者)に対して払うお金の保険です。(物を壊したとかの保険は別にあります。対物賠償保険)

たとえばアナタが車を運転している時にうっかり歩行者を轢いてしまったら、相手に賠償金を払いますよね?

また見落としがちな点ですが、アナタが運転する車の同乗者がケガをした場合も賠償金を払います。

その費用を保険会社が出してくれるのが対人賠償保険です。

ただ、その金額や適用範囲の取り決めって細かくて分かりづらいんですよ。

なので、多くの人は適当に契約してしまいイザという時に「こんなはずじゃなかったのに・・・」となることが多いんです。

ですから、今回を良い機会だと思って細かいところまでマスターしましょうよ。

一回やれば頭に残りますから!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

対人賠償保険は無制限設定が当たり前

まず最初に押さえておかないといけない点が、対人賠償保険は無制限に設定してくださいってこと。

というのも、車の事故って大事(おおごと)になることが多いからです。

たとえば車で歩行者を轢いてしまうと相手は大ケガすることが多いし、場合によっては死んでしまうこともありますよね。

すると、その賠償金額は平気で億単位になるんです。

なので、イザという時に泣かないためにもここは無制限でいっときましょう。てゆーか無制限しかありえません。

ところで「自賠責保険があるから対人賠償保険は要らないんじゃないか」と思ったアナタ、自賠責保険の補償金額ってとても安いのでイザっていう時には焼け石に水で全然足りませんよ。

【参考】自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)で出る金額

【重要ポイント】対人賠償保険は無制限で設定する!

対人賠償保険でお金がもらえる人、もらえない人

たとえばアナタが車を運転してて人を跳ねてしまった場合、被害者がどういう立場かで保険金が出る出ないという決まりがあるんです。

ややこしいですが、ここの知識を正しく身に着けておくとイザという時に落ち着いて対処できますので、ぜひ知っておいてください。

対人賠償保険は人に対する保険ですが、その人というのは「他人」を指します。なので、事故で他人を死傷させた場合には保険がおりますが自分が死傷しても保険金はもらえません。

そしてココが重要なんですが、奥さんや子供や父母といった身内が死傷しても保険金はもらえないんです。(ここでいう保険というのは対人賠償保険に限っての話です)

後、被保険者に準じる立場(運転者)もダメです。

ここら辺がややこしくて嫌になって来るところなんですが、大ざっぱな考え方としては保険金詐欺防止なんですよ、わかります?

対人賠償保険を利用してお金を詐欺っちゃおうという悪い奴らを想定して、基本的に仲間内的な人間関係では保険金は出さないということなんです。

(保険屋はそこまでハッキリとは言いませんが、実際はそういうことです)

そういう観点から見ると、以下の事例が納得いくんじゃないでしょうか。

◎保険金がもらえない人は以下のように決まっています。

  1. 保険加入者(保険に入ってる本人)
  2. 保険加入者の配偶者、父母、子供
  3. 保険がかかっている車を運転していた者とその配偶者、父母、子供
  4. 保険加入者が雇っている使用人
  5. 保険加入者の職場の同僚

◎上記以外でも以下のケースでは保険金が出ません。

  • 故意の事故
  • 戦争、内乱、暴動など
  • 地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮など
  • 自動車の曲芸中の事故

(注意)酒酔い運転や無免許運転の事故では保険金は出ます。

上段の1と2は納得いくと思いますが、3以降がちょっとわかり難いでしょうから説明しますね。

◎3ですが、2と被ってる気がしますけど、2は保険加入者本人で3は他人ということです。

ケースとしては赤の他人が車を運転して、自分の配偶者、父母、子供を死傷させても保険金は出ませんよって事です。

これも保険金詐欺の可能性を考えたら納得でしょう。

◎4は、保険加入者が社長さんだった場合ですね。で、使用人というのは平たく言うと従業員の事です。ここまでいえばわかると思います。社長と従業員が悪巧みするのを想定してのことですね。

◎5はちょっとわかり難いかも。ここまでは考え過ぎだと思うんですが、気心知れた従業員どうしでの悪巧みを想定しての事です。

下段は自然災害やどうしようもない場合は保険屋も勘弁してくれってことですね。笑

◎最後の注意についてですが、なぜ運転者が酒酔いや無免許でも保険金が出るのかというと、運転者の為ではなくて被害者の為だからです。

では、ここで練習問題。

【具体例1】 アナタ(保険加入者)が運転する車に友人が1人同乗しています。そこでうっかり運転ミスをしてガードレールにぶつかってしまい、アナタも友人もケガをしました。さて、対人賠償保険のお金はもらえるでしょうか?

【答え】アナタはダメですが友人はもらえます。

じゃ、次

【具体例2】アナタが運転する車に友人1人と奥さんが同乗しています。そこでガードレールにドン! アナタと奥さんと友人はケガをしました。さて、対人賠償保険がもらえるのは誰?

【答え】アナタと奥さんはダメ。友人だけがもらえます。奥さんは上記の2に該当。

今度はちょっと複雑

【具体例3】アナタの車を友人Aが運転して、アナタと奥さんともう一人別の友人Bが同乗しています。そこでガードレールにドン! さて、対人賠償保険がもらえるのは誰?

【答え】アナタと奥さんと友人Aはダメ。友人Bだけはもらえる。友人Aは上記3に該当。

最後はニュースなんかでちょくちょく聞く痛ましいケース

【具体例4】アナタが自宅で車庫入れの際に、うっかり自分の子供を轢いてしまった。さて、子供の治療費のために保険金はおりるか?

【答え】ダメ、おりない。子供は上記の2になる。

対人賠償保険を使える人(被保険者)は誰?

今度は対人賠償保険を使える人、つまり保険加入者と同一の権利を持つ人(被保険者)は誰かということです。

これもハッキリと決まっています。

  1. 保険加入者本人
  2. その配偶者
  3. その親族
  4. その別居の未婚の子
  5. 許諾被保険者/保険加入者から許可を得て車を使用している者
  6. 保険加入者の雇い主
インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

フォローする