車両保険の加入率は40~50%|新車は加入率が高く、古い車は低い

あったら便利な「車両保険」

自損事故や相手側の対物賠償保険からお金が出ないケースで活躍してくれる車両保険ですが、加入すると保険料が高くつくのが1番のネック。(車両保険は別名「贅沢保険」ともいわれてて保険料が高いんです。つまり、ほとんど要らな ry・・・)

マイカーの修理費が自分の持ち出しになるのは嫌だけど、かといって車両保険に入ると保険料が跳ね上がってしまう。

こういう時って、世間の人々がどうしてるのかを参考にするのが1番ですね。

さて、世間のみんなは一体どのくらいの人が車両保険に入ってるんでしょうか?

横並びが大好きな日本人感覚「みんなはどうしてるのか?」を加入率で見ていきましょう。

結論:全国の平均加入率は43.5%、つまり約2人に1人が車両保険に入っている

先ずは結論から。

全国の平均加入率は43.5%です。つまり約2人に1人くらいは入ってるってことになりますね。

この数字を見てどう思うかは人それぞれですが、どうも微妙な数字ですね。

加入・未加入がほとんど半々なわけですから、「入れ」とも「入るな」とも言えないです。

 

(※参考までに任意保険の重要な要ともいえる対人賠償保険と対物賠償保険の加入率も挙げておきますと対人賠償保険が74.1%で、対物賠償保険が74.2%です)

 

ちなみに、都道府県別でみるとおもしろいですよ。

上の出典で使わせてもらっている「損害保険料率算出機構」の資料によると車両保険の加入率トップが愛知県の57.3%で、最低が沖縄の26.7%。

他はだいたい40~50%のダンゴ状態ですね。

 

【参考】加入率トップ・ワースト3 (単位は% 出典は同上)

(トップ) 愛知57.3 岐阜56.2 大阪49.4

(ワースト) 沖縄26.7 山梨29.1 高知29.7

 

愛知県は自動車王国で有名ですから何となくわかりますけど、沖縄の26.7%って何なんでしょうか???

沖縄の人って大らかでのんびりしてるから、「保険なんか無くてもナンクルナイサ~」なのかも知れませんね。

 

車両保険加入率の傾向と対策

大ざっぱな加入率がわかったところで、実際にはどうすればいいのか?

それは次の判断基準に従えばOKです。

 

経済的価値の高い車なら加入して、そうでないなら加入不要。

 

ここでいう「経済的価値の高い車」というのは、具体的には新車や輸入車(外車)のことです。

考え方の基準は「もしもの時に修理費が高くつくかどうか? もしくは修理するだけの価値があるかどうか?」です。

新車の場合|買ってから5年以内

新車といっても買ってから5年以内の車を指します。言い換えれば2回めの車検を受けるまでってことです。

そこまでであれば車の価値ってまあまああるんですが、5年を超えると車の経済的価値はガクッと下がります。

つまり経済的価値のある5年以内の車であれば車両保険に入っておく価値があるということです。

逆に言えば古い車は入らなくてもいいってことです。

 

特に買ったばかりの時には是非入っておいた方が良いですね。

理由は全損した時に泣かないためです。

普通、新車ってローンを組みますよね?

もしも買って半年で何らかの事故によって全損して車そのものがパーになったら、残りのローンだけがアナタの肩にドンとのしかかって来て嫌です。

そういう時に車両保険に入っておくと、ほぼ新車価格のお金がおりるのでローンをそれでチャラにできます。

 

【豆知識】

車両保険で出る保険金額には上限があって、それは加入する時に決まります。

具体的には、その時の車の時価額です。

新車であれば購入時に加入すれば購入金額が上限として設定されます。だから上の「新車で全損」のパターンでも安心なんです。

古い車では査定がガクッと落ちて時価額も5万円とか10万円とかになりますので、そんなちゃちな金額のためにわざわざ車両保険の入るのはバカバカしいというわけです。(かえって保険料の支払いの方が高くつく)

 

一般的には車の時価額が50万円以下なら車両保険は付けない方がいいですね。

それなら安全運転を心がけて、もしもの時は自費でまかなう腹を決めた方が経済的ですよ。

 

ちなみに保険と保険って間違えやすいので気をつけてくださいね。前後の文脈からわかるとは思うんですが、「保険金=保険会社からもらえるお金」で「保険料=加入者が保険会社に支払う掛け金」のことです。

 

輸入車(外車)の場合

これは言わずもがなですね。

外車ってちょっとした修理でも高いです。

なので、車両保険には入っておいた方が無難でしょう。

そもそも外車に乗るような人はお金持ちでしょうから、車両保険の保険料が高いなんて言わないでしょうが。

ちなみに、お金持ちでも本当のお金持ちは車両保険に限らず保険の類なんて不要です。

だって、お金が有り余ってるんですから。

全部自費でまかなえば済む話です。

 

もしアナタがお金が余って仕方がない人なら加入は不要ですが、お金があるにはあるけどそこまでの大金持ちでなければ車両保険に入っていた方がいいです。

外車屋って結構ボッタクリ料金だと聞きますからね。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました