インズウェブ自動車保険一括見積もり

車両保険とは|その必要性を等級・免責金額・保険料等から徹底チェック

車修理

対人・対物賠償保険に比べると、それほど加入者が多くない車両保険ですが、それは便利ではある反面、保険料が高いからです。

別名「ゼイタク保険」といわれる車両保険に付いては、加入した方が良いのかどうかの判断がつきにくいんです。

今回は、そんな車両保険の概要と加入すべきかどうかの判断基準までを総まとめしました。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車両保険とは?

車両保険というのは自分の車に対する保険です。

たとえばアナタの車が当て逃げされたり、自損事故で壊してしまった時などにその修理代を出してくれる保険です。

場合によったら(可能性は少ないですが)車そのものを盗まれるかも知れませんよね?

そんな車両盗難事故に遭った時も、この保険に入っていればお金がもらえます。

【参考】車両保険を盗難で使う全知識|等級の上下や過失の有無や車上荒らし

とても良い保険でしょう?

ところが、こういう「至れり尽くせり」の裏にはマイナス面があります。

そうです、保険料が高いんですよ!

車両保険をつけると、保険料が1.5倍から2倍近くにも跳ね上がるんです。

だから車両保険は別名「ゼイタク保険」とも言われてるんですね。

そんな高い保険なので、世間の人は加入を躊躇(ちゅうちょ)します。

だって、そもそも対人・対物保険なら万が一を考えて加入するでしょうが、自分の車が壊れた時にまで保険をかけるのって、ちょっとねえ。

なので、この車両保険に加入している人って全国平均で約40%チョイなんです。

2人に1人入ってるかどうか、なんですね。

【参考】車両保険の加入率は40~50%|新車は加入率が高く、古い車は低い

ちなみに、車両保険に加入した方がお得なケースって決まってます。

簡単に言えば、新車や外車といった高級車を買った時とか特別に愛着のある(大事にしたいと思う)車の場合には加入して、古い車では入らないのが通り相場です。

高い保険料を払う価値がある車なのかどうか、です。

くわしくは上の記事で解説してますので、どうぞおヒマな時に読んでみてくださいね。

車両保険を使うと翌年からの等級や保険料はどうなるのか?

車両保険を使ったら翌年の等級や保険料はどうなるか?

原則:等級は3等級ダウンして、保険料は上がります。

例外:等級が1等級ダウンかダウンしないケースもある。

ここら辺の細かい話は以下の記事で書いてますので、どうぞ。

【参考】車両保険を盗難で使う全知識|等級の上下や過失の有無や車上荒らし

車両保険てただでも高いのに使ったら原則3等級ダウン(保険料が上がる)なので、実はちょっとした修理(5万円とか10万円くらい)では自腹で修理した方がいいんですよね。

そう考えると、ますます車両保険に入る意味が薄くなってきました。

だって、ちょっとした修理では使わないということは、裏を返せば大事故でも起こさない限りは車両保険の出番がないってことです。

大事故なんて冷静に考えたらそんなに起こるもんじゃないし、またそこまで心配するのって杞憂(きゆう)なんじゃないかと思いますから。

それでも一応入っておきたいという人のために免責金額という制度があるんですが、その話は次項で。

車両保険の免責金額って?

上の項で「5万円や10万円のちょっとした修理では車両保険は使わない方が得」といいました。

保険料が高くつくからです。

そこで最初っから「10万円までは自費で修理します(車両保険は使いません)」といった取決めを保険会社とする代わりに、保険料を安くしてもらうというのが免責制度なんですね。

「免責」っていうのは読んで字の如く「(保険会社の)責任を免除する」ことで、たとえば「10万円の免責をつける」というのは「10万円までは自費で修理しますので、保険会社サンに迷惑はかけません」という意味なんです。

この免責金額が高ければ高いほど、保険会社はうれしいわけですよ。

ちょっとやそっとの事故では保険金を出さなくても良いわけですからね。

なので、その見返りとして加入者が払う保険料を安くしてくれるというわけです。

オーケー?

では、質問

(例題)アナタの車が事故で壊れて修理代が35万円かかりました。幸い車両保険に入っていたんですが、免責金額が10万円設定されています。さて、35万円の修理費のうち、アナタが払うのはいくらで、保険会社から出る金額はいくらでしょうか?

(答え)アナタが出すのが10万円で、保険屋からは25万円出ます。※もちろん等級を下げたくないのなら車両保険を使わずに全額アナタが負担するのも自由です。

もう一丁

(例題)事故で修理費が8万円かかりました。アナタは免責金額10万円の車両保険に入っています。この時、たまたま金欠だったアナタは自費で修理するのが嫌だから保険屋に8万円出してくれと言えるでしょうか?

(答え)言えない。10万円の免責をつけているということは、その金額までは自費負担する責任があるから。この場合は8万円全額、自費です。

【豆知識】ここではわかりやすく説明するために話を簡単にしていますが、普通は「1回目の事故の免責5万円、2回目以降は10万円」とか「1回目10万円、2回目以降は20万円」とかいう風に決めますし、「免0特約」というものもあります。

一般的には「1回目5万円、2回目以降10万円」が普通ですね。

契約する際に保険屋の担当者に詳細は聞いてください。

車両保険の補償範囲|その種類・タイプ

車両保険には補償範囲の違う種類と言いますか、タイプがあります。

保険屋で呼び方は違いますが、要するに一般的な車両保険安めの車両保険なんです。

細かいコース設定は保険屋ごとに違ってきますので、ここでは典型的なタイプを挙げておきます。

(◯は補償する。✕は補償しない)

一般の車両保険 エコノミー型
保険料 高い 安い
当て逃げ
自損事故
飛び石
落書き・イタズラ
自然災害
火災・爆発
盗難
他車と衝突

【注意】この補償範囲については、保険会社によってコースの名前から補償範囲の取り決めから色々と細かい点が違うので必ず保険契約の際には各自で確認してください。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

フォローする