インズウェブ自動車保険一括見積もり

体験談|ロードサービスのレッカー車無料運搬サービスを使った話

レッカー車

任意保険に付帯しているロードサービスなんですが、以前、知人が利用したことがあって、その際に一緒に居たのでその時の様子を記事にしておきます。

誰かの参考になりますように。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

事案は深夜のバッテリー(オルタネーター)トラブル

先にトラブル内容を言っておきます。

オルタネーターという発電機の故障です。

簡単に言うとオルタネーターがダメになるとバッテリーに蓄えるための電気が作れなくなりますので、一見するとバッテリー上がりと同じ症状になって車のエンジンがかからなくなります。

今回の知人はこのトラブルでした。

ちなみにこれが日中であれば付き合いのあるディーラーへ連絡すれば済む話なんですが、時刻が夜の10時を過ぎていたので困ったというわけです。

事の発端から終わりまでの実況

では、トラブル発生からロードサービスを利用するまでの全部を記します。

自動車で走っていたら何か様子がおかしい

その夜、知人はドライブがてらコンビニへ買い物に行き、その帰り道で車の異常に気がつきました。

運転していたら何だかエンジンの様子がおかしく、徐々に止まりそうだったので機転を利かせて側道に寄って停車しました。

この時点で知人は運が良かったです。

なぜなら比較的交通量の少ない道で、しかもうまい具合に道の端に車を止めても大丈夫な場所があったからです。

また、彼の判断も良かった。

車の異常を感じてスグに側道へ寄って停車したのは大正解でしたね。

でなければ道の真ん中で止まっていたかも知れませんから。

ちなみに時刻は夜の10時過ぎでした。

バッテリーケーブルで充電してもダメ

側道に停車したらエンジンも止まってしまって、知人は何回もエンジンキーを回したんですが全然かからなかったらしいです。

彼は「バッテリー上がり」だと思い、友達にヘルプの電話をかけました。

電話を受けた優しい友達は、自分の車にバッテリー充電用のケーブルがあるのを確認して現場へ駆けつけました。

ちなみに、この優しい友達というのは私です。笑

20分程して現場につき、とりあえず私の持って来たケーブルをつないで互いのエンジン始動!

でも、何回やっても知人の車はうんともすんとも言いません。

てっきりバッテリー上がりだろうと思っていた知人と私は困りました。

JAFを呼ぶかと知人は言い出したが・・・

私と知人で「あーでもない、こーでもない」と思案してたんですが、シロートのわれわれではお手上げです。

日中ならば行き付けのディーラーへ電話するところなんですが、時間は夜の11時くらいだったのでそれもできません。

結局は知人が「JAFに頼むしかないか」と言い出したんですが、彼はJAFの会員ではないので有料になります。

こんな深夜に、しかも単なるバッテリー上がりではないとなればいくら取られるか分かったもんじゃありません。(※この時点ではトラブルの原因がオルタネーターだとはわかっていませんでした)

その時に思い出したんです、任意保険に付いてるロードサービスの事を。

知人の任意保険の書類で確認して電話

先ずは知人の任意保険(東京海上日動)の書類をチェックすると・・・ありました、ありました、ロードサービスの項目が。(東京海上日動ではロードアシストって名前でした)

ざっと目を通してみるとバッテリートラブルやレッカーサービスの項目がありました。

「よし、よし。なんとかなりそうだぞ(無料で済みそうだって意味です)」

さっそく緊急時の電話番号へGO!

先ずは電話で契約者(知人)の氏名と契約車両のナンバープレートを告げて契約確認。

それが済んだらトラブルの簡単なヒアリングやロードサービスの説明。

で、こちらの場所を伝えて、後は待てとの指示。

電話の相手はおそらく東京の人でしたが、こちらの地元にある支店か支社みたいなところからレッカー車を差し向けるとのこと。

とりあえずはひと安心で、私と知人は缶コーヒーを飲みながら私の車の中で待つことにしました。(彼の車はエンジンがかからないので暖房が効かないから)

20分後にお助けマン登場

待つこと約20分でレッカー車が登場。

暗闇の中から現れたレッカー車の頼もしいこと、頼もしいこと。

レッカー車から40歳くらいの男性が降りてきて、いくつかの質疑応答をしてササっと知人の車をチェックしたかと思うとこう言いました。

「多分オルタネーターだと思いますよ」

オルタネーターがどういうものかを簡単に説明してもらい、その場では修理ができないから一旦は「預かり」ということにしてもらうことにしました。

(※時刻が深夜11時半を回っていて修理工場へは無理なのでそこのレッカー屋さんに預かってもらった

で、私は知人をアパートまで送って自宅へと戻りました。

もちろん、一連の作業はすべて無料で済みました。

ロードサービスのありがたさですね。

JAFを呼んだら一体いくら取られたことか。

ちなみに、今回知人が利用したロードサービスは「レッカー車で150kmまでは運搬無料」というもの。

トラブル現場から一旦レッカー屋さんに持ち帰って預かってもらって、翌日、ディーラーへ運搬してもらった距離の合計は大体30kmくらい。余裕で無料でした。

次の日知人の付き合いのあるディーラーへ

次の朝、私は再び知人宅へ。

午前中にディーラーへ修理の電話を入れて、レッカー屋さんへはそこのディーラーへ車を持って来てもらうことにしました。

私と知人がディーラーに着くと彼の車は既に届けられており、レッカー屋さんは帰った後でした。(別の仕事があるため)

急きょ修理と代車のお願いをしたんですが、やはり飛び入りなのでスグには無理という返事。

そのまま車を預けて、知人と私は彼のアパートへ。

夕方には故障の原因や大体の修理代の見積もりが出るので、それまでは電話待ち。

ここから先は車の修理の話でロードサービスは関係ないので省略します。オルタネーターの修理について書き出すと趣旨から外れてしまうので。

まとめ|ロードサービスを使わせてもらった感想(傍らにいた私の意見です)と余計なお節介

いやー、便利ですね、ロードサービス。

深夜に来てくれたレッカー車の男性が神様に見えましたよ。

こういうトラブルって昼間であれば何てことないのですが、深夜に起こるととても心細くなるし大変です。

かといってトラブルの起こる可能性の低さを考えると、わざわざJAFに入っておくというのも庶民の財布には厳しいですし・・・。

なので、今回利用させてもらった任意保険付帯のロードサービスってとてもありがたいものだと実感できましたね。

知人に代わってお礼をいいます。

東京海上さん、レッカー屋さん、ありがとうございました。

と、ここまでロードサービスのお世話になっておきながら何ですけど、このサイトの趣旨にかんがみて記しておかないといけない事柄がありますので最後に余計なことを一つ。

ロードサービスは確率的にそうそう利用することはありませんし、またどの保険会社でも基本的なサービス内容に差はありません。

ですから、保険会社を選ぶ時にはロードサービスがいっぱい細々付いてるとかの理由で選んではいけませんよ。

あくまで「任意保険の7つの保険と特約」で選ぶべきなんです。

それだけは注意してくださいね。

それでは、ここらで。

※他のロードサービスを利用したことのある友人知人が見つかったら、話を聞き次第、体験談記事に加えたいと思いますので乞う御期待!

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

フォローする