無保険車傷害保険とは?

 

交通事故

交通事故に遭った時、普通は相手が入ってる保険から自分が受けた被害の損害賠償金が支払われます。

ですが、それは相手が保険に入っていたらの話であって、もしも保険に入ってない人だったらお金がもらえません。

もちろん相手個人へ請求してもいいのですが、まずお金は持ってないし支払えないのが現実です。(保険に入ってない人はマトモじゃない人が多い。例:無職とか反社)

そういう時に自分の保険からお金が出るのが「無保険車傷害保険」です。

ちなみに、「無保険車」というのは自動車保険に入っていない車という意味です。

無保険者傷害保険とは?

冒頭で言ったことの繰り返しになりますが、事故の相手が無保険車の場合(通称:無保険事故)には十分な損害賠償が受けられないことになります。その不足分を自分の保険から出してもらうのが無保険車傷害保険です。

※無保険車傷害保険:無保険車相手に事故った時の保険

この保険はかなり大切なので、保険会社によっては最初から自動的に加入するようになっているところもありますが、そうでないなら必ず加入してくださいね。自分の身を守るためには必須です。

ではその無保険車の細かい定義や出る金額、適用範囲や注意点などetcを具体例を通して学びましょう。

無保険車傷害保険を使う典型的な4つのケース

無保険車傷害保険を使う典型的な4つのケースを覚えておくと便利です。

4つといっても本質的にはどれも同じですからそれほどキツクはないと思いますよ。

では、GO!

典型的なケースは以下の4つ。

  1. 加害者が自賠責保険や任意保険に加入してない
  2. 加害者が任意保険の対人賠償保険に加入していても無制限設定ではない
  3. 加害者が任意保険の対人賠償保険に加入していても免責事項にあてはまっている
  4. 当て逃げされて加害者がわからない

細かいですが1つ1つ見ていきましょう。

1.加害者が自賠責保険や任意保険に加入してない(ほとんどのケースがコレ)

これはわかりやすいですね、文字通り「無保険」ですから。

ただ、現実には自賠責保険には入っているけど任意保険には入ってないっていうケースがほとんどです。(このケースが1番多いです)

というのも、自賠責保険は車の購入時や車検時に強制加入させられているのが普通だからです。(もちろん、それすらスリ抜けてる人も居ますが)

ちなみに怖い数字を挙げておきますが、任意保険加入率はだいたいどの年の統計でも75%前後です。ということは、25%前後、すなわち約4~5台に1台の車が任意保険未加入ということです。(豆知識:沖縄の加入率は毎年最低で50%台です)

 

でも自賠責保険から出る金額って少ないんですよ。

自賠責保険で出る金額の上限は、ケガで120万円、死亡で3000万円、後遺障害で4000万円ですから。

事故に詳しい人でないとピンと来ないかも知れませんけど、この設定金額では先ず足りません。(例えば、死亡の場合は普通に億単位の賠償金額になります)

そこで無保険車傷害保険の登場です。

たとえば相手(加害者)が自賠責保険しか加入していなくて、(縁起でもなくてスミマセンが)アナタが死亡して損害賠償が1億8千万円だったとしたら、とりあえず相手の自賠責保険から死亡の限度額3000万円は出ますけど1億5千万円は不足ですよね。

その不足分がアナタの無保険車傷害保険から出るという仕組みです。

これでアナタの残された家族も安心かもです。

2.加害者が任意保険の対人賠償保険に加入していても無制限設定ではない

こんどは相手(加害者)が任意保険に入っていても対人賠償保険の補償金額を無制限設定にしていない場合です。(設定金額を抑えるというのは保険の掛け金をケチるため)

もしも相手が任意保険の対人賠償金額設定を1億円としていたら、上でのケースで言うとアナタへの賠償金は5000万円の不足という事になります。(自賠責から3000万円、任意保険の対人賠償から1億円で合計1億3千万円しか出ないから)

この場合に活躍するのが、やはり無保険車傷害保険なんですね。

不足分の5000万円がちゃんと出ます。

3.加害者が任意保険の対人賠償保険に加入していても免責事項にあてはまっている

今度はやや複雑。免責事項絡みです。

加害者が任意保険の対人賠償保険に加入していて且つ無制限設定だったとしても、それが使えない場合ってのがあるんです。

というのも、加害者が保険会社との契約に違反するようなことをしたケースでは保険会社はお金を出す責任を免除(免責)されるってことがあるんです。

細々した事を挙げていくとキリがありませんし、この項目には直接関係がありませんので簡単に済ませますが、たとえば加害者が任意保険の運転者年齢制限に引っ掛かっているケースなんかですね。

そういう場合には相手の任意保険の会社は保険金を出す責任を免除されます。

つまり対人賠償保険からお金を出してもらえないという事になります。

こういうケースでも、アナタの無保険車傷害保険が不足金額を出してくれますから安心です。

4.当て逃げされて加害者がわからない

これはわかりやすいですね。

読んで字の如く、そのまんまです。笑

今は結構、悪質なドライバーが増えているみたいで、当て逃げくらいだったら平気で知らんふりしてトンズラするケースがあるんです。(私も2回やられました。少しかすったり、へこんだくらいだったですが)

こういうケースって警察に届けても先ず犯人はわからないんですよね。

なぜならひき逃げ事件とかなら警察も真剣にやってくれますけど、当て逃げでは・・・ネ。

この時に活躍してくれるのが無保険車傷害保険というわけです。

当て逃げされて警察から適当にあしらわれてもコイツ(無保険車傷害保険)だけは味方です。笑

無保険車傷害保険は「死亡と後遺障害」だけでケガはダメ。そして金額は1人につき2億円が上限

ここで重要な注意点が2つあります。

それは適用範囲と金額の上限です。

くわしく見ていきましょう。

補償範囲は死亡と後遺障害のみでケガや物はダメ

実は、この無保険車傷害保険は死亡と後遺障害に対してしか保険金が出ません。

つまりケガに対しての治療費は出ないってことです。

名前に無保険車傷害保険とついてるのに変だとは思いますが、現実にそうなんですから仕方ありません。

更に言うと、車や物にも適用されません。あくまで人間の死亡と後遺障害のみです。

アナタが事故を起こしてケガをした場合、もし相手が自賠責のみ加入していて任意保険未加入の無保険車だったら、相手の自賠責からケガの補償として最大120万円しか出ません。

たとえアナタが重傷で入院して120万円以上かかったとしても、残念ながらケガには無保険車傷害保険は使えないので足りない治療費は自腹となります。

変だとは思うでしょうが、このことは頭に入れておいてください。

 

更にもう一点。支払いの時期が死亡もしくは後遺障害が確定した時になります。

どういうことかというと、死亡の場合はあまり関係ないのですが後遺障害の場合は通院してそれが医学的に認められた時点で初めて保険金がおりますので、それまでの通院費や治療費に充てることはできません。

ただ、この変な点というか不都合な穴をカバーするためにちゃんと(というか、ちゃっかり)他の保険が用意されています。

人身傷害保険がカバーしてくれますが、それは別項を見てくださいね。

出る金額の上限は1人につき2億円

実は、これも地味に重要です。

ちょっとややこしい話なんですが、厳密に言うと無保険車傷害保険で出る金額はアナタが入っている対人賠償保険の設定金額と同じで、その上限が2億円(この上限というのは1人に対してです)ということなんです。

対人賠償保険の設定金額は普通は無制限設定にしてあるはずなんですが、もしも掛け金をケチって設定金額を1億円にしてたら無保険車傷害保険の出る金額も1億円までなんです。

ですが、最前にも言いましたように普通は対人賠償保険は無制限設定にしていると思いますので無保険車傷害保険で出る金額は上限の2億円というのが通例ですね。

以下の話はアナタが対人賠償保険の設定を無制限にしている―つまり無保険車傷害保険が上限2億円で設定されているという前提です。

この場合、アナタが無保険車との事故で相手からもらえる損害賠償金が1億5千万円不足しているケースなら問題なく満額1億5千万円出るんですが、不足分が2億5千万円になると5千万円は泣くことになるんです。

でも、現実的には上限の2億円でまかなえるケースがほとんどなので、そこまで神経質になることはありませんし、実際は保険会社も考えていて他の保険との兼ね合いで十分カバーされる仕組みなっているので安心してください。(そのことについては別項で)

無保険車傷害保険を使っても等級は下がりません。安心してください。

なお、無保険車傷害保険を使っても、翌年度の等級は下がりませんので安心して使いましょう。

余談ですが、別項で扱う人身傷害保険も使っても等級が下がらない保険です。

覚えておきましょう。

※この2つを使ってても他の保険で等級が下がるようなものを使ってなければ翌年度には等級は1つ上がります。

無保険車傷害保険が使える人(保険が守ってくれる人の範囲)

今度は無保険車傷害保険の補償範囲です。

以下のようになっています。

  • 保険加入者本人とその家族・・・保険の契約車両搭乗中と他の車両搭乗中と歩行中のすべての事故で補償されます。
  • 他人(上記以外の人)・・・保険の契約車両搭乗中のみ補償されます。

(注釈)ここでいう「家族」とは、保険契約者本人とその配偶者同居の親族別居しているが婚姻歴のない未婚の子供のことです。

無保険車傷害保険を使えない場合|免責事由

以上見てきたように、この無保険車傷害保険はアナタの強い味方になってくれるんですが、以下の事項(免責事由)に当てはまってしまったら残念ですがお金を出してくれませんのでご注意を。

  1. アナタ(運転者)に重大な問題があった場合。たとえば、無免許、飲酒運転、麻薬等々といったケース
  2. アナタが他人の車を持ち主に無断で勝手に運転したケース
  3. アナタが故意やあまりに酷い運転(重過失運転)で事故を起こしたケース
  4. 原子力や自然災害(地震、台風)や戦争絡みのケース

細かいことを挙げていけばキリが無いので、現実的に頭に入れておいた方が良いケースだけを挙げておきました。

どれも常識の範囲で納得できることばかりだと思います。

特によくあるのは1番と3番のケースですね。

1番の中にある飲酒運転は絶対にアカンですよ!

それと3番の重過失運転てヤツですが、簡単に言えば荒い運転という事です。これまたありがちなんで安全運転を心がけてください。

まあ、普通に車に乗っている分には問題ありませんけどね。

まとめ

ふう~、やっと終わりです。ご苦労様でした。

駆け足で説明して来ましたが、おおよそのところは掴んでもらえたでしょうか。

おそらく大抵の保険会社では最初から保険加入が義務付けられているか、もしくは特約として自動付帯していると思うんですが、それは商売上儲けるためにやっているのではなくて、本当に大事だから付けているんですね。

なので、保険加入の際にはこの無保険車傷害保険が付いてなければ何を置いても付けてくださいね。

イザという時に泣いてしまわないように備えましょう。

それでは、長くなりましたがそろそろここら辺で終わりに致します。

では、また別項で。

タイトルとURLをコピーしました