過失割合や過失相殺とは?

 

車の衝突の画

 

アナタが交通事故に遭って車が壊れてしまい、修理費が100万円かかったとしましょう。

その際に、相手に100万円全額要求できるとは限りません。

アナタの過失(落ち度・ミス・悪い点)が0であれば100万円全額を相手に要求できますが、アナタにも過失があればその程度に応じて100万円から差っ引かれる(相殺)ことになります。

そこら辺のことを過失割合とか過失相殺とかいうのですが、今回はそれです。

過失割合とは?|事故責任の割合

たとえば、自動車事故でアナタの車が壊れ、修理費が100万円かかったとします。

もしもアナタの車が止まっているところへ、相手が後ろからドンってぶつかって来たケースなら簡単なんです。

アナタには何ら過失がないから100万円全額相手に要求できます。

 

でも、現実の事故ではそんな単純な例は少なくて、自分の側にも過失があることが多いんです。

 

たとえば、アナタの方もウッカリ運転をしてて過失が20%あり、相手の過失が80%の場合、20がアナタの過失割合、80が相手の過失割合といいます。

この過失割合はお互いの過失(悪い点・責任)の割合ですから、「アナタが2で相手が8」という表現でもいいです。

 

ちなみに(こういうことは滅多にありませんが)アナタと相手のどっちが悪いとは言えないようなケースは「アナタと相手の過失割合は5対5」と言うことです。

 

過失相殺とは?|損害賠償金額を決める計算方法

上の例と同じくアナタの車の修理費が100万円、過失割合が「アナタが2、相手が8」の場合を考えましょう。

本当なら100万円全額を相手に要求したいところですが、アナタにも2割の過失があるので100万円の2割に相当する20万円は自己責任で被らなくてはいけません。(2割分が相殺される)

なので、相手からもらえる損害賠償金は100万円の8割に相当する80万円となります。(相手の過失が8割だからそうなるのは当然ですよね)

 

じゃ、今度は立場を変えて考えてみましょう。

やはり交通事故を起こして、相手の車の修理費が100万円かかりました。過失割合は「アナタが7、相手は3」とします。

わかりにくいかも知れませんが、今度は相手の車についての修理費なのでアナタは加害者となります。

さて、アナタは相手にいくらの損害賠償金を払わなくてはいけないでしょうか?

答えはアナタの過失割合7割に相当する70万円です。残りの30万円は相手が自分で被ります。

何となくわかってもらえたでしょうか?

自分の車の修理費についてなら自分が被害者で、相手の車の修理費については今度は加害者になる点がややこしいですが、まあ大丈夫かと思います。

 

◎では、ここでリアルな過失割合・過失相殺のケースを学んでおきましょう。

(ケース1)車どうしの衝突事故です。過失割合がアナタが2で相手が8、アナタの損害が150万円で相手の損害が100万円。さて、どっちがいくら払わなければいけないか?

(答え)相手がアナタに100万円支払う。

(解説)先ずアナタから相手へ支払うべき損害金ですが、これは相手の損害100万円のうちアナタの過失割合20%相当の20万円です。

今度は相手がアナタへ支払うべき損害金ですが、アナタの損害150万円のうち相手の過失割合80%に相当する120万円です。

以上からアナタは相手に20万円、相手はアナタに120万円の支払い義務を負いますが、それらをまとめると結局は「相手がアナタへ100万円支払う」ことになります。

 

◎もう1つ。今度は法律の無慈悲な一面を。

(ケース2)同じく車どうしの衝突事故です。過失割合も上と同じくアナタが2で相手が8。アナタの損害は150万円、ところが相手の車が高級車だったので損害が1000万円に跳ね上がりました。さあ、どうなりますか?

(答え)アナタが相手に80万円支払う。

※過失割合はアナタが2で相手が8という、誰がどう見ても相手の方が悪いケースなのにアナタがお金を支払わなければいけないなんて、おかしいと思うでしょう。でも、これが法律なので仕方がありません。一応解説を。

(解説)先ずアナタが相手に支払う損害金ですが、相手の損害1000万円のうちアナタの過失割合20%相当の200万円です。

次に相手がアナタに支払う損害金は、アナタの損害150万円のうち相手の過失割合80%相当の120万円です。

以上を合算すると「アナタが相手へ80万円支払う」ことになるわけです。

高級車相手の事故には注意としか言いようがありません。

 

六法全書

 

過失割合が0の時の注意点

以上から、自分の過失割合は少ない方が有利だということがわかるかと思います。

特に自分の過失割合が0ということは、相手に損害賠償を全額請求できるから良い事のように思えますが、実はそうでもないんです。

以下の重大な落とし穴があります。

過失割合が0だと保険会社が示談交渉などをしてくれない

 

普通は、事故があれば加入している保険会社が間に入って示談交渉などを代行してくれるんですよ。

ところが過失割合が0だと保険屋は1ミリも動いてくれないんです。

なぜか?

過失割合が0ということは、アナタに落ち度が無いということです。アナタは1円も損害賠償を払わなくてもいいわけです。

ということは、その損害賠償金を出す役目の保険屋も責任がないということになって動いてくれないんですよ。

 

するとどういう不都合が起こるのか?

相手との交渉を全部自分でやらなくてはいけないんです。

相手は保険屋のスタッフや弁護士を出してきます。

そういうプロを相手にアナタは自分で交渉しなければいけないんです。

 

コレ、かなり不利なんですよね。

向こうはアナタの無知に付け込んできます。

本来なら100%相手が悪い事故だから、アナタの車の修理費は全額払ってもらえるはずが、何だかんだで減額されたりする可能性が大きいです。

 

おかしな話なんですが、現実にこういう仕組みになっているんだから仕方がありません。

こういう時に備えて弁護士費用特約という制度があります。

以下の記事でくわしく解説していますので、どうぞ。

【参考】弁護士費用特約について

 

過失割合の決め方|判例と修正要素

過失割合や損害額はどうやって決めるのでしょうか?

保険会社や弁護士たちの示談や裁判で決めるんですが、その基準になるのが過去の判例です。

判例というのは裁判の結果のことで、過去の似たような事故の裁判を参考にして過失割合や損害額を決めるんです。

ただし、まったく同じ事故というのはありませんので、似た判例に修正を加えることで妥当な結論を出して行きます。

その時に加味する修正のことを「修正要素」といいますが、まあそれだけです。笑

ちなみに、この過去の判例は本になっていて一般に人でも調べることができます。

(ただ、法律家向けの本なのでシロウトが見ても分かりづらいと思います)

【過去の判例や損害額がわかる本】

◎別冊判例タイムズ

◎民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称:赤い本)

◎交通事故損害額算定基準(通称:青い本)

 

タイトルとURLをコピーしました