自損事故保険とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自損事故とは?(別名、単独事故)

自損事故とは単独事故とも言われていて、具体的には以下のようなケースをいいます。

  • 運転ミスでガードレールに衝突した
  • 無免許で運転していた
  • カーブを曲がりきれす崖から転落した
  • ハンドル操作を誤って電柱にぶつかった
  • 家の車庫でウッカリして壁やシャッターにぶつかった

 

上の例でも分かるように、自損事故は運転者自身のうっかりミスによる一人相撲なので相手がいません。なので、相手の保険会社や相手に損害賠償を求めることができないんです。

ということは、相手の任意保険(対人賠償責任保険や対物賠償責任保険)や自賠責保険からお金を取れないわけですね。

じゃ、損害費用は自分で払わないといけないのかというと、そうではなく、加入している任意保険でまかなうことができますので安心してください。

念のために言っておきますけど、運転者がまともじゃないケースでは保険は使えませんよ。

「まともじゃない」というのは、たとえば次のようなことです。

  • 飲酒運転してた
  • 薬物を吸引して運転してた
  • 保険金目当てにワザと事故った
  • 他人の車を盗んで運転してた

当り前のことですが、念のため。

 

スポンサーリンク

自損事故で使える保険のまとめ

一口に自損事故に使える保険といっても細かいパターンがありますので、とりあえず表にまとめました。

この表を見ながら保険の種類別(縦の欄)に解説していきますね。

運転者の死傷 同乗者の死傷 自分の車の修理代 車以外の自分の物の修理代 他人の物の修理代
自賠責保険
対人保険 △注1
対物保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
車両保険
自損事故保険
無保険車保険

 

自賠責保険(これは任意保険ではなく強制保険です)

自賠責保険は事故った時の相手の死傷に払うお金なので、運転者自身には払われませんし、また相手のにも払われません。

そもそも自損事故では相手そのものが居ませんので、活躍する余地が無いように思えるんですが、唯一、運転者の車の同乗者にはお金が払われます。

一緒に同乗していた人は、運転者の事故によって死傷した相手とみなされるからです。

 

対人保険|3等級下がる

相手のいない自損事故ですが、自賠責保険と同じく同乗者は「被害を受けた相手」とみなされて保険の適応範囲に入ります。

【注1】対人保険では家族は対象範囲から除外されますので注意してくださいね。

 

対物保険|3等級下がる

相手がいない自損事故では相手の車や物の被害はでないですが、ガードレールや電柱や縁石といった物の修理費用に適用されます。

ただし、自分所有の物には適用されません。

 

人身傷害保険と搭乗者傷害保険|等級変わらない

人身傷害保険も搭乗者傷害保険も、搭乗者全員(運転者と同乗者)の死傷に対してお金が出ます。

ここでは省略しますが、この2つの保険については細かい違いがあります。

それについては以下の記事でどうぞ。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い
人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについてです。 この2つは似ている点が多いので、どこがどう違うのかハッキリとはわからない人が多いです。 その為に無駄な保険料を払わされたりする事がありますので、この機会にシッカリと両者について学...

 

車両保険|3等級下がる

自分の車の修理代に使えます。

ただ、車両保険は加入の仕方が複雑で一概に「ああだ、こうだ」とは言えませんので、その適用範囲については保険会社との契約内容を個別にお調べください。

 

自損事故保険|3等級下がる

今回の主役です。

自損事故で死傷した運転者本人と同乗者に適用されます

自分の車やガードレールといった物は対象外です。

 

無保険車保険|使えませんので関係ありません

コレは全く関係ないです。

 

スポンサーリンク

自損事故で警察を呼ばないと保険が使えないかも知れない|当て逃げ犯になる可能性もあるよ

事故った時には、その場からすぐに警察へ連絡するのが一番です。

最後に、ちょっとした注意をして終わりにしましょうか。

自損事故は相手の被害者がいないので、ついつい警察に連絡をせず内々に片づけようとする人が居ますが、コレ、止めた方がいいですよ。

以下のマイナス面があるからです。

  • 当て逃げ犯になる
  • 保険が使えなくなる

それぞれについて見ていきましょう。

当て逃げ犯になるかも知れない

電柱やガードレールなどを壊したまま逃げると、当て逃げという犯罪になってトンデモナイ目に遭います。

具体的には、「安全運転義務違反の2点」と「危険防止措置義務違反の5点」の合計7点の違反点数と最低30日以上の一発免停処分になり、10万円以下(もしくは懲役1年以下)の罰金です。

ちなみに、素直に警察へ届けていればこれらの罰は一切ありません。あまり知られていないことですが、自損事故では違反点数や罰金といった処罰が一切ないんですよ。

あ、ただし壊した電柱とかガードレールは弁償しなくてはいけませんよ。ですが、これらは保険金でまかなえるので大丈夫です。

なので、自損事故を起こしてしまった時には素直に警察へ110番するのが1番ということなんです。

 

保険が使えない

警察に届けをせずに逃げた場合、保険を使おうとしても使えない可能性があるからです。

保険会社は保険金を出す前に事故の調査するんですが、その際に警察へ問い合わせて「交通事故証明書」を出してもらうんです。

ここで、もし警察に事故が届けられていなければ・・・当然ですが交通事故証明書は出ないわけです。

ということは、保険会社からもお金は出ません。

以上です、お疲れさまでした。

タイトルとURLをコピーしました