インズウェブ自動車保険一括見積もり

人身傷害保険とは

ケガして車椅子

インズウェブ自動車保険一括見積もり

人身傷害保険とは?

「人身傷害保険」とは、自動車事故で記名保険者(保険加入者のこと)やその家族などが死傷した場合に過失の有無とは関係なく全損害額をもらえる保険です。

大ざっぱに言えば上のようになりますが、やはりここでも細かいことがあるんでちょっとだけ我慢してくださいね。

特にこの人身傷害保険は「搭乗者傷害保険」とよく比較されるので、その違いをきちんと理解するためにも細かいところまで理解しておいた方が良いですよ。

念のために言っておきますが、この保険は「人」に対しての保険なので「物」が壊れても補償されません。

では、以下に細かい点を述べていきます。

1つ1つゆっくりでいいので読み進んでください。

過失割合に関係無く、損害金満額がもらえる

上の青い囲みの中で「過失の有無とは関係なく全損害額」ってありますでしょ。

そのことなんですが、難しく言えば見出しの「過失割合に関係なく、損害金満額がもらえる」となります。

過失割合については以下の記事を参照してくださいね。

【参考】過失割合や過失相殺とは?

具体例を挙げた方がいいですね。

たとえば、アナタが車を運転中に他人の車と衝突事故を起こしてしまったとします。

アナタの損害額は100万円。過失割合はアナタが3割で、相手が7割。

このケースでアナタが人身傷害保険に入ってなかったら、損害金100万円の内の3割に相当する30万円は自分の過失責任なので自分で被らなくてはいけません。

ということは、もらえるのは70万円です。これは相手の保険会社が払ってくれます。

アナタは自分の過失分の30万円は身銭を切らなくてはいけません。

ここで活躍するのが人身傷害保険。

もしアナタが人身傷害保険に入っていれば、その30万円はアナタが加入している保険会社が出してくれますので、身銭を切ることもありません。

これが「過失割合に関係なく、損害金満額がもらえる」の意味です。

了解でしょうか?

お金をもらえるのは誰か?

保険金がもらえる人は明確に決まってます。

  • 記名保険者(保険の加入者)
  • その配偶者
  • 同居の親族
  • 別居している未婚の子
  • 車に同乗していた他人

他の項目でもよく出て来る文言ばかりなので、解説は不要でしょう。

最後の「車に同乗していた他人」についてだけコメント。

友人(他人)を車に乗せて事故を起こして友人がケガをした場合「その友人は家族ではない他人だから自分の人身傷害保険ではお金を出してあげられない」と勘違いしている人がいますが、出ますからね。

自分の運転する車に乗っけて事故っておいて知らんふりなんておかしいでしょ?

ちゃんと友人の分もお金は出るので御安心を。

「搭乗中のみ補償する特約」で保険料を節約できる

この人身傷害保険、至れり尽くせりなのは良いのですが、その代わり保険料(掛け金)が高いんですよね。

そこで節約する方法として「搭乗中のみ補償する特約」をつけるというのがあります。

実は人身傷害保険は自分の車に乗っている(搭乗中)時以外にも、他人の車に搭乗中、そして歩行中や自転車の全部が補償範囲になっていることが多いんです。(保険会社に依ります)

考えてみれば車に乗っていない時のことまで心配するのも何なんで、補償範囲を搭乗中のみに限定することで保険料を安くしようというのが、この特約の目的です。

ちなみにこの補償範囲なんですが、保険会社によっては最初から搭乗中のみとなっていたりすることがあるので、各自契約の際に確認してください。

示談交渉の前に保険金が出る

事故った場合、相手との示談や裁判でお金の事を決めるんですが、それって時間がかかるんですよね。

しかし、事故での治療費はそんな事とは関係なく請求されます。

そんな時に役に立つんです。

「示談交渉の前に」というのはそう言う意味です。

ちなみに、搭乗者傷害保険だと「5日以上の通院や入院」などの条件が色々付くので保険金が出るのが遅くなりがちなんです。

人身傷害保険だと事故の後にさっとお金がもらえると頭に置いとくといいでしょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

シェアする

フォローする