自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険の違い

 

安全のイラスト

 

自動車保険には自賠責保険動車損害任保険)と任意保険の2つがあります。

前者の自賠責保険は強制保険とも呼ばれていて、法律で加入が強制されていますので必ず入らないといけません。

でも後者の任意保険は読んで字の如く「任意」、つまり加入は個人の自由です。が、現実には任意保険に入っておかないと事故の時にエライ事になるので、事実上は全員加入するもんですね。

つまり、自動車の保険は2種類の保険に入るのが普通だということになります。

ここではその2種類の保険についての説明と違いを見ていきましょうね。

【自賠責保険】加入が法律で決められている強制保険。

【任意保険】加入は自由だが現実には入っておくのが普通。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自賠責保険とは?|国がやってる対人のみの強制保険

正式には「動車損害任保険」といいます。

冒頭で言いましたように法律で加入が決められている強制保険ですね。

民間会社がやっている任意保険と違って保険の掛け金額は法定されてますので、どこの保険会社を通してもかかる金額は同じです。

自賠責保険の契約や更新は、車検と同時にするのが普通です。(自賠責保険に入ってないと車検が受けられないから)

自賠責保険の補償範囲|誰に対してお金が出るか

保険の補償範囲(誰が保険金をもらえるか)は対人のみです。この「対人」というのがややこしいのですが、大事なところなので記しておきます。

具体例を挙げますね。

アナタが運転する車で他人の車にぶつかった場合、被害者のケガや死亡に対しては支払われますが、車やガードレールといった物に対してはお金は出ません。

そしてここでいう被害者とは「相手の車に乗っていた全員」と「アナタの車のアナタ以外の同乗者」を指します。つまりアナタ自身はダメですが、アナタ側の同乗者は被害者扱いされるという事です。

そしてこの同乗者はたとえアナタの家族であっても良いのです。

この「家族であっても良い」という点が自賠責保険の特徴です。任意保険の対人保険では同乗者が家族の場合は保険金は降りませんから。

自賠責保険で出る保険金の限度額

被害者のダメージによって出る保険金額の上限が表の通り決まっています。

【重要】ちなみに表中の「上限」というのは総和ではなくて一人に対してのもの。たとえば事故で3人にケガをさせたら一人一人それぞれに対して120万円までの上限で保険金が出ます。3人合わせて120万円の上限という意味ではありません。

傷害 上限120万円
後遺障害 上限4000万円
死亡 上限3000万円

 

この表を見て金額が少ないと思った方は「わかってる人」ですね。

今時は死亡ということにでもなれば軽く億単位の賠償が求められますから、この金額では足りないのが実情なんです。

なので、自賠責保険では足りない部分を補完するために任意保険にも入っておくという二段構え構造が自動車保険の仕組みというわけです。

自賠責保険に未加入だと喰らう罰則と「自賠責保険証明書」の常備責任

自賠責保険は法律で加入が義務になっている強制保険です。

なのでもしも自賠責保険に入らなかったら以下のような罰則を喰らいます。

「違反点数6点で即免停」「50万円以下の罰金、もしくは1年以下の懲役」

です。

」に注意です。一発免停をくらった上に、更に罰金か懲役のどちらかが付いて来るということですから踏んだり蹴ったりですよね。

 

尚、自賠責保険に加入したらそれを証明する自賠責保険証明書(加入したらもらえます)を車に置いておかないと、30万円以下の罰金となりますからこれも注意です。

たまに検問で警察に見せてくださいとか言われることがありましたね。私は30年間で3回ありました。たぶん車の盗難か重大な犯罪が近所であった時にやるんだと思います。

車検証と一緒にダッシュボードにでも入れておきましょう。

なんにせよ、自賠責保険には必ず加入しておくことですね。お上には逆らわないことです。

 

スポンサーリンク

任意保険|7つの保険からなる民間サービス

任意保険は民間会社が営利目的(商売)でやってる保険です。

民間が営利目的でやってる保険だけあってお金はかかりますが、その代わり補償内容やサービスが行き届いているのが特徴です。

任意保険は7つの保険から成り立っている(基本的な骨格)

コチラの任意保険は、細かく分けると7つの保険から成り立っています。

名称だけを並べてみると

『対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、自損事故傷害保険、車両保険』

なんだか難しそうな単語が並んでいますね。

ですが、一つひとつ見ていけば「な~んだ」っていうレベルの内容なんで面倒くさがらずに勉強して行きましょうよ。

くわしい解説は別記事でやるとして、ここでは大ざっぱに把握しておくだけにしておきましょう。

その方が順序として理解しやすいですから。

具体例を挙げた方が早いです。

◎アナタがドライブしていて他人の車にぶつかってしまったというケースで考えます。

この時に上の7つの保険たちがどんな役割をしてくれるものなのかをザックリ見ていくと

【対人賠償保険】相手の車に乗っていたたちがケガしたり死んだりした場合に出る保険。(アナタの車に乗っていた同乗者も含まれますが、いろいろ細かい話は別項で)

【対物賠償保険】相手の車や突っ込んで壊したガードレールといったの修理代のために出る保険。

【人身傷害保険と搭乗者傷害保険】アナタの車の同乗者のケガや死亡に対して出る保険。

【無保険車傷害保険】相手が任意保険に入っていなくて(無保険車)、アナタや同乗者のケガの治療代を満足に相手から取れない時に、救済してくれる保険。

【自損事故傷害保険】読んで字の如く自損事故でケガをした自分のために出る保険。

【車両保険】自分の車の修理代に出る保険。

細かい特例や例外事項は置いといて「こんな保険なんだな」と大体の感じがわかってくれればいいです。

任意保険の特約(重要)

任意保険には細々した「特約」というものがあります。

7つの保険が基本骨格の幹だとすれば、特約は枝葉です。

枝葉といっても、とても重要です。

枝葉が無ければ木々は活きていけません。

それと同じで、7つの保険を十分活用するために特約を使いこなさなくてはいけません。

それに関しては別記事でくわしく解説していますので、おヒマな時にどうぞ。

【参考】特約活用法|自動車保険(任意保険)を特約で自分流に仕上げる全ノウハウ

任意保険のロードサービスはオマケ(あまり重要ではない)

任意保険に入ると、普通は「ロードサービス」と呼ばれるオマケ的なサービスがついてきます。

ロードサービスの典型的なものは以下のようなものです。(保険会社によって微妙に違いますので、あくまで例えです)

  • ガソリン補給サービス・・・ガス欠になった際に、10Lを無料で補給しに来てくれる。
  • レッカーサービス・・・事故で動けなくなった車を近所の工場まで無料でレッカー移動してくれる。
  • インナーロックやバッテリー上がり等の時にも助けに来てくれるetc

 

だいたいどこの保険会社も似たり寄ったりのサービス内容です。

各社ともにこのロードサービスの充実ぶりをアピールしてますが、正直言ってこれはあまり重要ではありません。

どれもこれも「そんなことまで心配してたら車なんか乗れないよ」ってことばかりだからです。

 

わたしは20年以上車に乗ってますがロードサービスを使ったことは1回もありませんし、周囲の友人知人を見てもロードサービスを利用したことのある人は1人だけしかいません。

自分の周りだけのサンプルですが20年以上でたった1人という事は、ロードサービス利用率って0.1%以下とかじゃないかと思いますよ。

現実はそういうことです。

なのでロードサービスはオマケくらいに考えて置いた方が良いでしょうね。

保険会社を決める時は上で言った「7つの保険と特約」を考えて決めるべきです。

 

スポンサーリンク

自賠責保険と任意保険の違いや補完関係

最後に自賠責保険と任意保険の相関関係について見ていきましょう。

保険を使う順序は自賠責保険が先で任意保険が後

ここまで見てきて「自賠責保険と任意保険の中の対人賠償保険って内容が被ってるんじゃないか?」と思った方もいると思います。

鋭いですね、その通りです。

実は被害者である人に対しては手厚い保護をするという観点から自賠責保険と任意保険の中の対人賠償保険の二段構えになってるんですよ。

ただし、自賠責保険と任意保険の間には先後の関係があります。

先ず自賠責保険を使ってそれでも足りなければ次に任意保険を使うという意味です。

たとえば、事故で相手方にケガ(傷害)を負わせて300万円の支払いをする場合、先ず自賠責保険から120万円、次に任意保険から不足分の180万円が出るという順序です。逆はありません。

自賠責保険未加入 任意保険加入のケース

では、上の例でもしも事故の加害者が自賠責保険に入っていなくて任意保険だけに入っていたとしたら、任意保険から300万円満額出るのでしょうか?

当然ですが出ません。出るのは自賠責保険がある前提でやはり180万円だけです。

本来、自賠責保険は絶対に加入しているはずのものなので、それを無いものとして考える事はしないのです。

ちなみに自賠責保険から出るはずの120万円は加害者本人の自腹となります。

自賠責保険加入 任意保険未加入のケース

逆に、自賠責保険は仕方なく入ってるけど任意保険には入らないっていう人も居ます。

確かに任意保険に入らなくても罰則はありませんが、入っていないとイザという時に煩雑な事務手続きを全部自分でしなくてはいけないという大きなデメリットがあります。

(※足りない賠償金はもちろん自腹です)

事故を起こした時に保険を使おうと思ったら、いろいろな書類を作成して提出したりしなくてはいけません。

この手続きがメチャクチャ面倒くさいのです。

ここではあまりに煩雑で細かすぎるので省略しますが(実は私もすべては把握していません)、まあ普通のシロウトには無理とは言いませんが相当な手間になりますね。

ただでも事故を起こして参っているのに、こんな煩雑な手続きをしなくてはいけないのは酷です。

それを任意保険に入っていれば専門家が代理で全部やってくれるんですよ。

その際サービスで自賠責保険の手続きも一括でやってくれるので、任意保険にさえ入っていれば保険の手続きは一切しなくていいわけです。

ところが、もし任意保険に入っておらず自賠責保険だけだったら自賠責保険を使うための手続きを自分でやらなくてはいけません。

なぜなら自賠責保険は国営なのでサービスはなく、保険の手続きは各自本人がやれって事になってるからです。

これがキツイんですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

駆け足ですが自賠責保険と任意保険の違いや相関関係についてしゃべって来ました。

最後に簡単にですが相違点を表にしてみましたので参考にしてください。

 

【自賠責保険と任意保険の違い】

自賠責保険 任意保険
加入義務 強制 任意
使う順番
出る保険金 小さい 大きい
賠償範囲 対人のみ 全部可
営利なのか? 非営利(国営) 営利(民間)
保険の手続き 全部自分でやる 保険会社が代行

 

タイトルとURLをコピーしました