通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)のデメリット|代理店型との比較

 

PC

 

インターネットの普及によって私たちの生活もかなり変わりました。

最も大きな変化の一つが、買い物や契約などが実店舗での人間を介したやり方から自宅のPCや手持ちのスマホを通したやり方に変わった事でしょう。

自動車保険も同じで、ここ数年の間にかなりの人が店舗型からネット型(ダイレクト型)へと乗り換えています。

理由はネット型(ダイレクト型)の方が安くてお手軽だからです。

今回はそんなお得なネット型保険についてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット型(ダイレクト型)自動車保険とは?|代理店型との比較してのメリット・デメリット

先ずはネット型保険の簡単な説明から。

これまでの自動車保険は代理店(ディーラーが小遣い稼ぎでやってたりしますよね)を通して加入していたのを、代理店を介さず自分でPCなどから契約・加入するのがネット型の自動車保険です。

中間業者である代理店を通さず、直接PC(ネット)から保険会社のホームページで契約するのでダイレクト型とも言われてますね。

ネット型自動車保険のメリット|手軽で安い

自宅に居ながらにしてPCから契約できるので、お手軽です。

しかも・・・察しの良い方はわかったでしょうが、中間業者(代理店)を通さないので中間マージンが取られず、保険料が安くなります。

そこがネット型保険の人気というわけ。

ネット型自動車保険は、代理店を通さず自分でPCから直接契約できるからお手軽で安い。

ネット型自動車保険のデメリット|保険の勉強が要る

自分で直接、保険会社と契約するということは、言い換えれば代理店任せにしていた手続きを自分でやらなくてはいけないということです。

ということは、(慣れてしまえば簡単なんですが)自動車保険の契約に必要な知識が要りますので、少しばかり勉強しなければいけません。

これがネット型保険の1番のネックです。

でも、安心してください。

私も保険のシロートでしたが、あれこれ調べ調べしながらやれば出来ましたから。

ネット型自動車保険は、自分で契約するための知識を勉強しなくはいけない。

 

その勉強のためにこのサイトがありますので、どうぞ十二分に活用してくださればうれしいです。笑

以下では、ネット型保険にまつわるマイナスの噂や勘違いを説明しますね。

 

スポンサーリンク

通販型自動車保険の事故対応力|代理店型との比較データ

通販型保険のデメリットとしてよく言われるのが「事故対応力」の低さなんですが、これって根拠があるんでしょうか?

私が調べたところではマイナス要素を物語る客観的な根拠はなかったです。

出てきたのは、ほとんどが知恵袋や掲示板での悪口でした。

現実には事故対応力は低いどころか十分高いと思われるデータばかりでした。

 

結果から挙げておきます。

以下は「JDパワー社」という中立客観的な立場のリサーチ会社のデータです。

事故対応満足度調査ランキング(2017)
順位 タイプ 会社名
1 通販 チューリッヒ
2 代理店 東京海上日動
3 通販 ソニー損保
4 代理店 損害保険ジャパン日本興亜
5 通販 イーデザイン損保
※ココが平均ラインです。
6 代理店 三井住友海上
7 通販 セゾン自動車火災
8 代理店 富士火災
9 通販 アクサダイレクト
10 代理店 三井ダイレクト
11 代理店 あいおいニッセイ同和損保
12 通販 SBI損保

引用:JDパワー社様「2017年 日本自動車保険事故対応満足度調査」

 

上のランキングを見てもらえばわかると思いますが、事故対応満足度調査では上位12社中6社が通販型です。

つまり、代理店型と変わらないということです。

ここから言えることは、自動車保険を選ぶ際には「通販型か代理店型か?」ではなくて、個々の保険会社どうしで比較するのが正しいです。

事故対応力は通販型も代理店型も変わらないのが現実。保険を選ぶ時には個々の保険会社を比べて決めるべし。

 

スポンサーリンク

通販型自動車保険のマイナスの都市伝説について

今回、記事を書くにあたって書籍やネットにある情報をくまなく見て回りました。

そこで分かったのが次の2点でした。

  • 自動車保険の情報が少ない(特に通販型)
  • 通販型(ダイレクト型)保険の悪口が多い

本屋さんに行ってみたんですが、自動車保険の本ってないんですよね。

あっても年数が昔の本で今の実情に合ってないとかで、情報としての鮮度に問題があると思いました。

役に立つ記事が載っているのは、週刊誌などの特集号くらいでしょうか。

 

なので情報はインターネットからということになるのですが、ネットの情報は鮮度は良いのですが、かなり胡散臭いサイトもあったりして鵜呑みにはできません。

特に、通販型保険の悪口を書いたサイトや掲示板にはビックリしました。

どれもこれもが客観的な根拠がないからです。

なぜ、そんな中傷が書かれているのかと考えたんですが、おそらくですが既存の業者(実店舗型)側の何らかの力が加わっているような気がしました。これ以上は(ry

 

ちなみに私は数年前から通販型自動車保険ですが、掲示板や知恵袋で書かれているようなマイナスに遭った事はありません。

ここでは最後に通販型保険にまつわる都市伝説的な噂について私なりの見解を述べたいと思います。

通販型は事故対応力が低い|ウソ

これは上記のデータからわかると思います。

ただ、次の事は頭に置いておいてください。

万が一事故が起こった時に泣かないためには、キチンとした契約をする必要がある。

実は、通販型保険でもめるのは保険加入者の知識不足が1番なんです。

本来なら入っておくべき保険に入ってなかったり、付けておくべき特約を付けてなかったりして、イザという時に「こんなはずじゃなかったのに」となるんです。

たいていは「保険料を安くしたかったから」という人が多いですね。

本当は自分がいい加減な契約をしていたのに「通販型はちゃんと対応してくれない」という風にいうケースが多いんですよ。

加入時に、面倒臭がらずに保険の勉強をしさえすればこんなことはありません。

もしも、面倒くさいことが嫌だとか自分だとお金をケチって必要な保険や特約を削ってしまいそうだというなら代理店型にした方が良いでしょう。

 

通販型は不親切|半分ホントで半分ウソ

コレ、よく言われるんですよね。

「通販型はTVやホームページで良い事ばかり宣伝してるけど、加入したら放ったらかしで人情味にかける」

半分はホントですが、半分は間違ってます。

よく言われる「不親切」が一体何を指しているかなんですが、十中八九「加入に際しての案内」なんですよ。

代理店型であれば担当のスタッフとコーヒーでも飲みながら、契約内容について丁寧に説明してくれたり、疑問点に応えてくれるんですが、それが無いことについての不満なんです。

でも、これはちょっとお門違いじゃないかと思いますよ。

といいますのも、そういう代理店の仲介を省くからこそ保険料が安くなるんであって、そこまで丁寧なサポートが欲しいのならば通販型にすべきではありません。

少々高くても代理店型にしておきましょう。

 

シロウトには分からないようなことは電話窓口サービスで聴けば、どの保険会社もキチンと説明してくれます。

保険会社の電話相談とネット検索を使えば、そうそう困ることはないと思います。

私は知識0からネットと電話窓口を使って調べ調べしましたけど、それで十分納得のいく加入契約ができました。

通販型では契約に必要なことは電話サービスで聴けば過不足なく教えてくれますが、コーヒーを出してもらって世間話を交えながら1つ1つていねいに説明してもらうことは期待できません。

 

通販型は現場に人が来てくれない|ホント

これがは注意が必要です。といっても気持ちの問題ですが。

実は通販型は交通事故が起こってもスタッフが現場にが来ることはないんですよ。

(※代理店型も担当者によっては来ないこともあります)

 

といっても、電話一本で後のコトは向こうで引き受けてくれますのでアナタが何かを自分でしないといけないなんてことはありません。

電話をすれば、保険会社のスタッフから事故の相手(だいたいは向こうの保険会社のスタッフや担当の弁護士)へ話が行って、後はスタッフどうして勝手にやってくれますから。

とはいっても、事故の時には心細くなるでしょうから(性格的な問題もありますが)、事故現場に自分の側の担当スタッフに来て欲しいというなら代理店型にした方が良いでしょう。

 

ただ、事故現場にスタッフが来ても来なくても事故の処理方法は何ら変わりませんよ。

どっちがいくら悪いとか損害賠償がいくらとかいうのは、その場で決めるもんじゃなくて後々各保険会社のスタッフや弁護士どうしで話し合って決まります。

しかも、だいたいのことは最初から決まってるんですよ。

詳しい事は省きますけど、過去の裁判例に照らし合わせて事故は処理されるモノなんです。

現場にスタッフが来たとか来ないとかは、気持ちの問題以外ではまったく関係ありません。

重要なのは、事故を起こしたら真っ先に保険会社と警察に電話して、要らぬ事は口にしないことくらいでしょうか。

※要らぬ事|「すべて私が悪いので全部責任とります」とかいう事。

 

通販型は代理店型に比べて過失割合や損害賠償金で損をする|ウソ

最初に言っておきます。

事故が起こった時に、どっちがどれくらい悪いとか(過失割合)、どのくらいの損害賠償金額になるとかっていうのは、実は決まってるんです。

細かいことは省きますけど、過去の似たような事故の裁判例(判例)を元に過失割合や損害金は決められます。

なので、代理店型だから有利だとか通販型だから不利ってありません。

そういうことは、判例で決まるんです。

【参考】過失割合や過失相殺とは?

 

もう一点。

代理店型の契約も通販型の契約も、保険会社からしたら同じだということを知っておいてください。

安い保険料になるのは中間業者である代理店を中抜きするからであって、保険会社に値下げさせているわけではないということです。

もしも保険会社に値下げさせているのなら「安かろう悪かろう」もあるでしょうが、保険会社からすれば代理店を通そうが通すまいが入って来る保険料は変わらないのでサービスの質を下げる意味がないんです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ながなが書いてきましたが、おおよその事はわかってもらえたでしょうか?

いろいろなサイトがあって細々したことが書いてあると思いますが、私としては次の事さえ押さえておけば問題ないと思っていますよ。

◎通販型は安くて手軽だけど保険の勉強が要る。

◎代理店型は高いけど全部丸投げしてもいいから楽。

◎事故対応力はどっちも同じ。

★1番大切なのは安全運転をして保険屋の世話にならない事。

以上です。お疲れさまでした。

タイトルとURLをコピーしました