自動車保険の中断証明書とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険の中断証明書とは

何らかの理由で車を手放す場合には自動車保険を解約するんですが、もしも改めて車の乗る時には再度、自動車保険に入り直さなくていけません。

ところが、自動車保険(任意保険)はいったん解約すると等級がリセットされるので、改めて任意保険に入る時には再び6等級から始めなくてはいけません。

これでは、安全運転でせっかく積み上げてきた等級が台無しになるので嫌ですよね。

こういうケースで活躍するのが「中断証明書」です。

中断証明書を発行してもらっていれば、いったん保険を解約しても一定期間内(ほとんどの保険会社で10年間・注1)に再契約する際に元の等級から契約を再開できる「等級を据え置き制度」なんです。

(注1)

ほとんどの保険会社では最大10年間の等級据え置き期間が設けられていますが、これは保険会社によって違う場合がありますので、その都度確認することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

中断証明書を発行してもらう条件

中断証明書を発行してもらうには条件があります。

といっても、それほど難しいことではなく、ごく当たり前のことばかりですけどね。

中断証明書の発行条件は以下の通り

  • 売却・譲渡・廃車
  • 車検切れ
  • 盗難に遭った
  • 長期の海外渡航
  • 7等級以上の人(注2)

(注2)

「7等級以上」の意味がわかりますでしょうか?

新規の人は6等級からのスタートで、安全運転していれば7等級、8等級・・・と上がって行きますよね。

中断制度は、こういう優良ドライバーの保護のためにあるので7等級以上という条件があるんです。

6等級の人は新規で契約しても同じですから含まれません。

※これまた細かいところは保険会社によって違いますので、都度確認してください。ココに挙げたのは代表的なものばかりです。

中断証明書を使って元の等級で再契約する時の条件

今度は、中断証明書を使う時の条件です。

  • 中断証明書の有効期間内である
  • 新しい車を買ってから1年以内
  • 海外渡航から帰国して1年以内

※同上ですが、これまた細かいところは保険会社によって違いますので、都度確認してください。ココに挙げたのは代表的なものばかりです。

 

タイトルとURLをコピーしました