ネット通販型の自動車保険(ダイレクト保険)を利用して節約しましょう

 

家族でドライブ

 

当サイトに立ち寄ってくれて、ありがとうございます。

このサイトは自動車保険の任意保険を従来の店舗型(代理店などを通してするやり方)から通販型のダイレクト保険(インターネットで保険会社に直接申し込むやり方)へ乗り換えることによって家計を少しでも節約するために作りました。

早速ですが、自動車保険についての基本知識や当サイトの利用法などを記して行きますね。

自動車保険は2種類ある

自動車保険というのは、大きく分けて自賠責保険任意保険の2つがあるんです。

自賠責保険は国がやってる強制保険で必ず加入しないといけません。任意保険は民間会社がやってる保険で加入は自由です。

でも、現実には自賠責保険だけでは万が一の際に心もとないので、任意保険にも加入するのが当たり前になってるのが実情なんです。

なので車に乗る人は両方の保険に入ることになります。

 

この2つの保険のうち自賠責保険というのは加入条件等が法律で決められていますので、あれこれ考える余地はありません。ただ黙って所定の手続きをしてお金を収めるわけです。

それに対して任意保険は民間会社が営利目的の商売でやっているため、サービス内容が保険会社によってマチマチです。

なので、お財布と相談しながら考える余地があるんですね。

この任意保険の方を通販型のダイレクト保険にすることで大幅な節約ができるんです。

※自賠責保険と任意保険の違いについての詳細は、以下の記事からどうぞ。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険の違い
自動車保険には自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険の2つがあります。 前者の自賠責保険は強制保険とも呼ばれていて、法律で加入が強制されていますので必ず入らないといけません。 でも後者の任意保険は...

 

通販型のダイレクト保険のメリット・デメリット

従来の店舗型と違ってネット通販のダイレクト保険は安いのが1番のメリットです。

理由は保険会社とわれわれ利用者の間に代理店が入らないからです。

代理店という中間業者が入らないことで、その分のお金が浮くから安くなるわけですね。

ちなみにダイレクトっていうのは、中間業者の代理店を抜いて保険会社とわれわれ利用者が直で契約するという意味です。

 

ということは、保険の契約は私たち加入者が自分で判断してしなくてはいけません。

この「自分で判断して契約する」という点がダイレクト保険のデメリットになります。

なぜデメリットなのかというと、保険の契約って面倒くさいからです。

一度慣れてしまえば簡単なんですが、最初は保険業界特有の用語や表現が分からなくてイライラします。

だからといって、いい加減に契約してしまうと万が一の時に自分が困りますから困ったもんです。

こういう面倒臭い流れを嫌って、多くの人が高いお金を払って代理店に丸投げしてしまうんですね。

 

ですが、これって本当にもったいないと思います。

私も初めは面倒がって代理店任せにしていたんですが、一念発起してネットで調べ調べしながらやってみたら意外とすんなりできました。

その経験からわかったんですが、難解に思う法律用語や保険業界の言葉ってネットで検索すれば問題ないんですよ。

そして、いったんわかってしまったら自分に必要な保険がどういうものか判断できるようになるので、むしろ代理店任せよりダイレクト保険の方が良くなるんです。

このサイトでは難しい法律用語や保険業界の言葉をなるべく易しい表現に直して書いてありますので、保険会社の公式サイトよりもわかりやすいんじゃないかと自負しています。

ネットで調べ調べしていた頃の自分が「こんながサイトあったら助かるんだけどな」と思ったサイトを作りました。

私の愛情がいっぱい詰まったサイトで、どうぞ家計の節約を図ってくださいね。

 

任意保険のおすすめプラン(平均的なモデル)

慣れてくればわかりますが、任意保険は契約の仕方が8~9割ほど決まっています。

たとえば、任意保険は7種類の保険について自分で入り方を決めないといけないのですが、その7種類のうち対人賠償保険や対物賠償保険は「無制限設定」が当たり前だし、車両保険は新車に付けるものであって古い車には付けないと言った風に入り方の定石があるんです。

例を挙げると、普通の人であれば以下の表の入り方で十分です。

極端な話、何も考えずに以下の表の設定で保険契約をしても先ず大ハズレはないんです。

簡単でしょ?

設定金額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害保険 3000万円(一般的)
搭乗者傷害保険 不要
無保険車傷害保険 普通は自動付帯している
自損事故保険
車両保険 新車に付ける
必要な特約

◎弁護士特約

◎対物超過修理費用特約

ロードサービス オマケ程度に考えた方がいいです

※それぞれの保険や特約については以下のページからどうぞ。

任意保険の種類や特約について

 

小難しい用語を使ってる代理店のスタッフだって、実際には上の表ぐらいのことしか分かってません。(と言うよりも、入り方のパターンは数種類しかない)

これ以外の細々した1~2割ほどの知識だって、このサイトにある記事を読めば数時間ほどでマスターできてしまいますよ。

それだけで年間の任意保険料が3分の一から半額まで安くなるのなら、代理店など通さずにネットで直接やった方が良いと思いませんか?

しかも各社ともにネット保険の窓口には相談電話が設置してあって、契約のわからない部分に関してはいろいろ親切に説明してくれますから安心です。

保険会社側にしても代理店に中間マージンを払うよりも自分たちで直接お客を取りたいのです。

タイトルとURLをコピーしました